京都の新しい魅力発見!寺社仏閣めぐりの合間に雑貨屋さんめぐり

 
京都は世界的にも観光地として有名です。
 
歴史的に有名な神社や仏閣が多いので
それぞれ訪れるだけでも満足できるでしょう。
 
 
しかし
リピーターや、それほど寺社や仏閣に興味がないなら
「1日中寺社や仏閣ではチョット・・・」なんてことも。
 
 
寺社仏閣めぐりは京都旅行の定番ですが
興味がない人には素敵な思い出にはなりにくいでしょう。
 
 
そんな
寺社や仏閣に興味がない人にもオススメなのが
寺社仏閣と一緒にオシャレな雑貨屋さんもめぐる旅。
 
しかも
「えっ、京都で買ったの?」「ステキ」と思われる
京都ならではの雑貨がみつかるかもしれません。
 
頑張ってる自分用のご褒美に
家族や友達に個性が光る京都のお土産にもなるでしょう。
 
 
ということで
京都らしい雑貨から手作り雑貨まで
個性が光る一品が見つかる魅力的なお店を紹介します。

 
 
 
 

竹笹堂(たけざさどう)

 

takezasado-01

(引用元:竹笹堂)

 
京都の木版画職人工房で版画・浮世絵などのアート作品
ブックカバー・ぽち袋・レターセットなどの和紙製品
京扇子・行灯・ハンカチなどデザイン商品など個性豊かなものばかり。
 

takezasado-02

(引用元:竹笹堂)

 

<詳細>
住所: 京都市下京区綾小路通西洞院東入ル新釜座町737
電話: 075-353-8585
営業時間: 11:00~18:00
定休日: 日祝日

 
 
 
 

上羽絵惣(うえばえそう)

 

uebaesou-01

(引用元:上羽絵惣)

 
創業260年の日本画用絵具専門店の老舗がつくった
胡粉(ごふん)と呼ばれる貝殻の微粉末顔料を使った和色のネイルが人気
天然素材で無臭、水溶性で除光液いらずと爪の弱い人にも注目されています。
 

uebaesou-02

(引用元:上羽絵惣)

 

<詳細>
住所: 京都市下京区東洞院通高辻下ル燈籠町579
電話: 075-3510-0693
営業時間: 9:00~17:00
定休日: 土曜・日曜・祝日

 
 
 
 

永楽屋(えいらくや)

 

eirakuya-01

(引用元:永楽屋)

 
創業400年の老舗綿布商で様々なデザインの手拭いや風呂敷などを販売
懐かしさとともに新鮮な印象を与える手拭柄を復刻した手拭いが人気
京都らしさが感じられる舞妓柄などは京都らしいお土産にもなるでしょう。
 

eirakuya-02

(引用元:永楽屋)

 

<詳細>
住所: 京都市中京区室町通三条上ル役行者町368
電話: 075-256-7881
営業時間: 11:00~19:00
定休日: 無休

 
 
 
 

さんび堂(さんびどう)

 

sanbido-01

(引用元:さんび堂)

 
明治19年創業の歴史を持つ和小物の専門店で
日本の伝統技術と洗練された趣味性豊かな和小物
がま口、風呂敷、帯留、バッグ等のオリジナル商品は
お土産にはもちろん、普段づかいにもオススメできるものが豊富。
 

sanbido-02

(引用元:さんび堂)

 
<詳細>
住所: 京都市下京区室町通綾小路下ル白楽天町504 
電話: 075-341-2121
営業時間: 11:00~19:00
定休日: 火曜日、年末年始

 
 
 
 

kara-S(からす/精華大学)

 

kara-s-01

(引用元:kara-S)

 
京都精華大学の学外サテライトスペースで
展覧会やワークショップ、イベントなどを行う「ギャラリー」と
京都精華大学の在学生や卒業生による、独創的な作品やグッズを販売
クリエイティブな活動で生みだされる商品は魅力的。
 

kara-s-02

(引用元:kara-S)

 
<詳細>
住所: 京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地 COCON KARASUMA 3F
電話: 075-352-0844
営業時間: 11:00~20:00
定休日: COCON烏丸に準じます

 
 
 
以上
京都らしい雑貨から手作り雑貨、芸大生のつくる雑貨まで
個性が光る雑貨を扱う魅力的なお店の紹介でした。
 
 
いかがでしたか?
 
まだまだ京都らしいお店、意外な魅力のあるお店があります。
 
個性が光り、センス溢れる逸品を見つけて
自分へのご褒美、家族や友人へのお土産にしましょう。
 
 
ぜひ京都に行った際には
魅力的な雑貨屋さんに足を運んで
個性が光る逸品を見つけてください。
 
 
 
 
 

注目のスポット

  Hotels.com