京都でタヌキが化けました!意外と知られていない「うどん」の話

 
日本料理発祥の地といわれる京都ですが
和食はもちろん洋食、中華とたくさんの美味しいもので溢れています。
 
しかし
美味しいもので溢れている京都でも
「昼ごはんには手軽な麺類が一番いい」という京都人は多く
特に「うどん」は京都人の理想にマッチした食べ物として根付いています。
 
そんな京都には
老舗をはじめ街中に数多くのうどん屋さんがありますが
京都で、うどんを食べようと思っているなら気をつけてください。
 
うどん屋さんで「あるメニュー」を注文して目の前にすると
初めて京都を訪れた人のほとんどが驚くと思います。
 
その
「あるメニュー」とは「タヌキうどん」。
 

yamada-tanuki

(引用元:山田うどん)

 
一般に東京の「タヌキ」は揚げ玉が入ったシンプルなうどんでしょう。
 
これは
揚げ玉(天かす)なので天麩羅の「タネ」がない
タネ抜き、ということから「タヌキ」になったとの説が。
 
それが
大阪では「タヌキ」といえば「そば」なんです。
 

osaka-tanuki

 
「キツネ(うどん)」が化けたから「タヌキ」と呼ばれるとの説があります。
 
また、タヌキと区別するために大阪では
東京のタヌキを「ハイカラ」と呼んだりすることも。
 
 
ちなみに京都では「ハイカラ」という呼び方は
それほど知られておらず馴染みもないようです。
 
 
さて
京都の「タヌキ」ですが「キツネ(うどん)」に、あんがかかった「あんかけうどん」。
 

okaru-tanuki

(引用元:おかる/食べログ)

 
「キツネ」が「ドロン」と化けたからとの説があります。
 
「あんかけでドロッとしていることから」

「ドロッとしている」

「ドロン」って
 
ダジャレですね・・・。
 
 
ここで気になるのが「キツネ」では?
 
大阪では甘く炊いた大きなお揚げが載ってるのが「キツネ」で
たぶん東京でもお揚げが載ってるのを「キツネ」と呼んでるでしょう。
 

osaka-kitune

 
この大きなお揚げが載ってる「キツネ」を京都では「甘ギツネ」といいます。
 
京都で普通に「キツネ」というと
味付けしてないお揚げを細く刻んだものとネギが載ったもの。
 

kyoto-kitune

 
この京都の「キツネ」のスタイルは
舞妓さんの「おちょぼ口」でも食べやすいように小さく刻んであって
九条ネギも斜めに細く切って、うどんと一緒に味わえるような配慮なんだとか。

 
 
ということで
「タヌキ」と同じく「キツネ」も知らずに注文すると驚くかもしれません。
 
でも
京都のうどんの醍醐味は「お出汁」です。
 

dasi

 
そんな「お出汁」で
「タヌキ」や「キツネ」の京都スタイルを味わってください。
 
もちろん
「タヌキ」や「キツネ」以外にも魅力的なメニューが多く
 
yamamoto-menzo

(引用元:山元麺蔵/食べログ)

 
hinode-udon

(引用元:日の出うどん/食べログ)

 

「お出汁」の美味しさを堪能できる
うどん屋さんが京都には数多くあります。
 
京都に訪れた際は
ぜひ「お気に入りの味」を探してみてはどうでしょう。
 
 
 
 
 

注目のスポット

  Hotels.com