京都市民が意外と無関心なランドマークはロウソクじゃなく灯台だった

 
京都駅に着いて「京都タワー」を目にしてから
「京都に来たなぁ」と実感する人も多いのではないでしょうか。
 
なんといっても京都のランドマーク的な存在で
京都駅周辺の観光スポットの一つともいえます。
 
 
そんなランドマーク的な「京都タワー」ですが
おかしなことに京都市民の評価は
「古臭い」とか「ダサイ」など厳しい評価。
 
確かに1964年に造られたものですから
ダサイはともかく古臭いと感じるのは無理もありません。
 
 
この京都タワーの独特な姿は
「和ろうそく」をイメージしたものと思われがちですが
実は京都タワー
海のない京都の街を照らす「灯台」をイメージしたものなんです。
 

kyoto-tower-01

 
ライトアップされると「和ろうそく」のイメージが強くなると思いますが
海にある「灯台」がモチーフだったとは知りませんでした。
 
 
意外だったでしょ?
 
まあ
京都市民でさえ知っている人は極僅かなんで
京都以外の人は知らなくても当たり前でしょう。
 
京都タワーから見える夜景はキレイで
食事も楽しめる素敵な場所なんですが
京都市民は足を運ぶことは少ないんだとか。
 

kyoto-tower-02

(引用元:京都タワーHP)

 
ちなみに京都タワーは
造られた当時の京都市の人口が131万人だったことから
京都タワーの高さが131mなんだそうです。
 

kyoto-tower-03

(引用元:京都タワーHP)

 
そんな「古臭い」とか「ダサイ」といわれる京都タワーで
チョット面白いものをみつけました。
 
 
なんと!
 
夜景がキレイな「展望室」に
京都の市街地で一番空に近い神社「たわわちゃん神社」。
 
京都タワーのマスコット「たわわちゃん」をモチーフにした神社です。
 

k-tower-jinjya-01

(引用元:京都タワーHP)

 
金ピカの「たわわちゃん」が祀ってあり
本格的と思ったら。
 
あの「下鴨神社」とのコラボということで
「縁結び」の御利益があるんだとか。
 

k-tower-jinjya-02

(引用元:京都タワーHP)

 
5円玉で「御縁」って、ベタな感じに妙に癒されてしまいます。
 
訪れた際には、ぜひお参りしてみてください。

さらに驚いたのが地下3階にある「京都タワー大浴場」という
京都ではちょっと珍しい銭湯があることです。
 

tower-sentou-01

 
入浴料は750円と少し高めですが
タオルなどのレンタル料も含まれているので
手ぶらで気軽に銭湯を楽しめるので、お得なのかもしれません。
 

tower-sentou-02

(引用元:京都タワーHP)

 
ただチョット残念というか
女性用のお風呂、大浴場という割に少し狭く感じますね。
 
まあ
「朝早く京都に到着して軽く汗を流す」
「帰りの時間までに一風呂浴びて疲れを癒す」
といった使い方がオススメですね。
 
 
京都市民からは評価の低いスポットですが
結構楽しく過ごせ楽しめる京都タワーです。
 
「たわわちゃん神社」にお参りしてから
大浴場で疲れを癒すなんて過ごし方もオススメ。
 
ぜひ
京都に訪れたら足を運んでみてください。
 
 

「京都タワー大浴場~YUU~」

 

kyoto-tower-map

 
京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1
電話: 075-361-3215
営業時間: 9:00~21:00 ※最終入場20:40
※季節により自営業時間の変更あり 
 
 
 
 
 

 

注目のスポット