歴史ある美しい町並みの京都で絶対に行くべきパン屋さん3選

 
歴史ある美しい町並みや美味しい京料理が魅力の京都。
 
そんな京都ですがパンの消費量が日本で一二を争う街で
有名なパン職人やパン屋さんもとても多い街なんです。
 
実際に町のあちこちでパン屋さんを見かけますし
京都はパン屋さん激戦区といえるでしょう。
 
 
ということで
パン好きの京都人に支持されている
絶対に行くべきパン屋さんを紹介したいと思います。

 
 
 
 

Le Petit Mec(ル プチメック)

全体的にハードなパンが多く、味は本場のフランスをしのぐとも言われるほどで
京都に住む外国人の客も多く、ご近所さんにも愛されているパン屋さん。
 

le-p-mec-01

le-p-mec-02

le-p-mec-03

(引用元:食べログ)

 
1号店の今出川店は、テーブルクロスや看板などが赤いことから通称「赤メック」と呼ばれ
御池店は、黒を基調にしたシックな雰囲気から「黒メック」と呼ばれているんです。
 

<詳細>
「ル プチメック」
住所: 京都市上京区今出川通大宮西入ル元北小路町159 大晋メゾネ西陣今出川 1F
電話: 075-432-1444
営業時間: 8:00~20:00
定休日: 月曜・火曜・水曜・木曜(祝日の場合は営業)
 
「ル プチメック 御池」
住所:京都市中京区御池衣棚通上ル下妙覚寺町186 ビスカリア光樹1F
電話: 075-212-7735
営業時間: 9:00~20:00
定休日: 年末年始

 
 
 
 

boulangerie Artisan’Halles(アルチザナル)

京都御所に程近い場所にあり、いっけんパン屋とは想像もつかないような
とても洗練された外観が目をひくパン屋さん。
 

artisan-halles-01

artisan-halles-02

artisan-halles-03

(引用元:食べログ)

 
店内もスタイリッシュな雰囲気で視覚的にも楽しめ
ハード系が5、6種類と食パン、調理パン4、5種類、デニッシュが15種程度の絞り込まれた品揃え。

 
<詳細>
住所: 京都市上京区今出川通寺町東入ル一真町89
電話: 075-744-1839
営業時間: 8:00~19:00
定休日: 水曜・木曜が不定休で休み

 
 
 
 

bonne volonte(ボン・ボランテ)

御所の東側に位置し、鴨川も近い荒神口(こうじんぐち)にある
1カ月先まで予約が埋まる食パンが有名なパン屋さん。
 

b-volonte-01

b-volonte-02

b-volonte-03

(引用元:食べログ)

 
イタリア・サルディニア島にある教会の窯の形をモデルにつくられた
薪窯でパンを焼いていて、パンと同じく窯で焼いたチーズケーキなども人気。

 
<詳細>
住所: 京都市上京区河原町通荒神口下ル上生洲町229-1
電話: 075-213-7555
営業時間: 11:00~20:00
定休日: 日曜、月曜、8月(※発酵進度が早いため8月中休むそうです)

 
 
 
以上
パン好きの京都人を納得させる個性や特徴がある
京都を訪れたら絶対に行くべきパン屋さんを紹介しました。
 
 
いかがでしたか?
 
まだまだ京都には魅力的なパン屋さんがたくさんあります。
 
次に京都に訪れた際は
ぜひ「お気に入りのパン屋さん」を探してみてください。
 
 
Stay Japan【宿泊予約】
 

 

注目のスポット

  Hotels.com