乾杯条例のパイオニア京都で日本酒を楽しみませんか?

 
京都は観光地として有名ですが
実は全国有数の清酒(日本酒)の産地でもあるんです。
 
そんな京都では2013年に「日本酒で乾杯条例」が施行されました。
 
この「日本酒で乾杯条例」は
「日本酒での乾杯を強制する」のではないので
日本酒で乾杯しないからとペナルティもありません。
 
京都が全国有数の清酒(日本酒)の産地なので
日本酒で乾杯する習慣を広め日本酒の普及を通して
「和」の暮らしを支えてきた、様々な伝統産業の素晴らしさを見つめ直し
日本文化の理解の促進に役立てることが目的なんだそうです。
 

nihonsyu-01

 
日本酒のイメージというと
「おじさん達が飲むもの」なんてイメージですが
女性が気軽に飲める美味しい日本酒もたくさんあるんです。
 
しかも
日本酒の良い所は暑い時には冷(ひや)、寒い時には熱燗(あつかん)など
その季節によって飲み方を変えられる所。
 

hiya-01

 
冷で飲むとスッキリとした日本酒の旨みを感じられ
熱燗で飲むと日本酒の甘さが引き立つんです。
 

kan-01

 
冷と熱燗の他に、ぬる燗という飲み方もあるんですが
ぬる燗は日本酒の癖というか特徴がわかりやすく
日本酒通の人や、もっと深く日本酒を楽しんでみたい人にオススメ。
 
 
でも
「日本酒は種類が多くてよくわからない」という人
京都に訪れた際に日本酒デビューしませんか?
 
先程いったように京都は日本でも有数の日本酒の産地で
京都の地酒を気軽に楽しめる居酒屋さんもたくさんあります。
 
 
 
ということで
京都で日本酒を楽しめるお店を紹介。

 
 
 
 

にほん酒食堂 しずく

カジュアルに日本酒を楽しめる店。
 

sizuku-01

 

sizuku-02

 

sizuku-03

 
和食だけでなくカルパッチョやアクアパッツァなど
料理も充実していて料理に合わせた日本酒の選択もしてくれます。

 
<詳細>
住所:京都市中京区高倉通二条下る瓦町-540
電話:075-231-6078
営業時間:16:00~25:00(土日15:00~25:00)
定休日:月曜日

 
 
 
 

まつもと

カウンター7席だけの人気のお蕎麦屋さん。
 

matumoto-01

 

matumoto-02

 

matumoto-03

 
蕎麦屋さんですが日本酒の品揃えの多さと日本酒に合う料理も充実
初心者は料理に合わせた日本酒を選んでもらうのがオススメ。

 
<詳細>
住所:京都市中京区中之町577
電話:075-256-5053
営業時間:12:00~14:00、16:00~23:00(L.O.)
定休日:火曜日

 
 
 
 

Ken蔵 (けんぞう)

季節の魚料理、京料理、創作和食など気軽に割烹を楽しめる店。
 

kenzou-01

 

kenzou-02

 

kenzou-03

 
丹波黒どりをはじめ京野菜、丹後の魚介を使った料理は
日本酒がすすむこと間違いなし。
当然お料理に合わせた日本酒や好みの日本酒を提案してくれます。

 
<詳細>
住所:京都市中京区衣棚押小路下ル下妙覚寺町192-1 オクトピア御池 1F
電話:075-255-4718
営業時間:18:00~01:00
定休日:日曜日
 
 
 
以上
京都で日本酒を楽しめるお店でしたが
日本酒は女性でも十分楽しめる素敵な飲み物で
今回は比較的京都でもリーズナブルなお店を紹介しました。
 
 
いかがでしたか?
 
今までのチョットやぼったい日本酒のイメージを
京都で覆せるのではないでしょうか。
 
次に京都に訪れた際は
ぜひ好みの日本酒を探してみてください。
 
 
 
 
 

注目のスポット