ガイドブックに載ってない穴場?自分だけの京都を探しませんか?

 
一年を通して観光客で賑わう京都。
 
毎年5000万人以上の観光客が京都に訪れているわけですが
どこに行っても混雑していて
「京都はうんざり」
なんて思っている人も少なくないでしょう。
 
 
せっかくの京都ですから、ゆったり観光したいものですが
季節を問わず、いつでも多くの人で賑わっています。
 
当然
ガイドブックに載っている美しい景色や庭園を見に行っても
多くの観光客で「ワイワイがやがや」と情緒に欠けてしまい
静かに京都を堪能なんて夢のまた夢でしょう。
 
 
 
そんな京都で人気の観光スポットが

・清水寺(世界遺産)
 

kiyomizu-teiban

 
 

・嵐山
 

arasiyama-teiban

 
 

・金閣寺
 

kinkakuji-teiban

 
 
 
この3ヶ所は定番中の定番ですね
 
京都といえばココと表現されることも多いスポットなので
混雑も季節によっては尋常じゃないです。
 
他にも
 
・二条城 (世界遺産)
・銀閣寺(世界遺産)
・伏見稲荷大社
・八坂神社
・平安神宮
・貴船神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
 
などありますが
これらの観光スポットはガイドブックでも紹介されていて
多くの人が知っている京都の観光名所。
 
 
しかし
京都通や京都人にしてみると
「何でこんな素敵なところに人が来ないんだろう?」
と思うスポットも数多くあるんです。
 
「どうも人ごみは苦手だ」
「定番のスポットは何度か訪れた」
 
なんて思っている人は
「新しい京都を発見したい」と思っていることでしょう。
 
そこで
京都人や京都通が好んで訪れるスポットをいくつか紹介します。

 
 
 
 

光明院(こうみょういん)

東福寺の塔頭、光明院は「虹の苔寺」ともいわれる「波心庭」が有名。
 

koumyouin-01

(引用元:東福寺HP)

 
光明院の入り口は、東福寺を抜けてすぐの所にありますが
あまり目立たないので気づかれない方も多い。
 

koumyouin-02

(引用元:東福寺HP)

 
「波心庭」は、苔と白砂の枯山水庭園で
砂に水が引かれていて、とても神秘的な庭です。
 
<詳細>
住所:京都市東山区本町15丁目東福寺山内
電話: 075-561-7317

参拝時間:常時公開
拝観料:志納(玄関に料金を入れる大きな竹筒あり)

 
 
 
 

曼殊院(まんしゅいん)

国宝の黄不動画像や曼殊院本古今和歌集など多くの文化財を有する寺院。
 

mansyuin-01

(引用元:曼殊院HP)

 
境内の枯山水庭園では、白砂と杉苔と紅葉が見事なコントラストを見せ
勅使門へ続く楓並木や白壁塀に映える紅葉は見逃せません。
 

mansyuin-02

(引用元:曼殊院HP)

 
狩野永徳、狩野探幽の襖画や岸駒(がんく)の襖画も見所の一つです。
 
<詳細>
住所:京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
電話: 075-781-5010

参拝時間:9:00~17:00(受付は~16:30)
写経受付:15:30終了
※ライトアップ、夜間拝観時は21:00受付終了(21:30閉門)

拝観料:一般600円 高校500円 中小学生 400円

 
 
 
 

雲龍院(うんりゅういん)

泉涌寺の塔頭、東山の奥座敷と呼ばれる趣のある寺院で写経体験が有名。
 

unryuin-01

(引用元:雲龍院HP)

 
本堂は、重要文化財で庫裏に置いてある真っ黒な色をした鎌倉時代の大黒天像は
左足を一歩踏み出した姿勢がユーモラスで「走り大黒」と呼ばれています。
 

unryuin-02

(引用元:雲龍院HP)

 
紅葉も美しく隠れた名所といえるでしょう。
 
<詳細>
住所:京都市東山区泉涌寺山内町36
電話:075-541-3916

参拝時間:9:00~16:30受付終了(17:00閉門)
写経受付:15:30終了
※ライトアップ、夜間拝観時は21:00受付終了(21:30閉門)

拝観料:300円(一人)

 
 
 
以上
京都人や京都通が訪れる穴場スポットの紹介でした。
 
これらの穴場スポットは
意外とガイドブックに載っている
定番スポットのスグ近くにあったりします。
 
ぜひ
ここで紹介したスポットを参考に
「新しい京都」「知らなかった京都」を見つけてください。
 
 
 
 
 

 

注目のスポット