京都で御朱印女子デビュー?いまさら聞けない御朱印の基本とマナー

 
京都には寺社仏閣も数多くあり
それを目的に京都に訪れる人も多いのではないでしょうか。
 
その
寺社仏閣巡りの1つの楽しみとして
それぞれの寺社仏閣で御朱印をいただく御朱印巡りが人気のようです。
 
ここ数年、○○ガールや△△女子という言葉をよく耳にしますが
予想通り「御朱印ガール」、「御朱印女子」が登場するほどで
現在はピークを過ぎたようですが、御朱印巡りの人気は衰えてません。
 
 
しかし
寺社仏閣巡りが好きでも、御朱印自体を知らない人もいたり
 
御朱印に興味があるけど
「どうやって貰えばいいかわからないし、いまさら聞けない・・・」
なんて人も多いのではないでしょうか。
 
ということで
御朱印のもらい方や準備、マナー等について紹介したいと思います。

 
 
 

御朱印とは?

お寺や神社へ参拝した証(あかし)として頂いた印のこと。
 

daikakuji-01

(引用元:大覚寺)

 
御朱印帳という御朱印をいただくノートのようなものに
お寺や神社の御宝印という判子、御本尊様の名前、参拝日
お寺や神社の名前を書いていただくことを総じて「御朱印」と呼ばれています。

もともと御朱印は参拝して自らが写経した経典を納めた証でしたが
 

daikakuji-02

(引用元:大覚寺)

 
現在は必ずしも納経をしなくても参拝したことの証として頂けるようになり
神社やお寺にゆかりの深いものをモチーフにした押印と墨書きが楽しめるものも。

 
 
 

御朱印帳を準備する

御朱印を押してもらうための御朱印帳が必要になりますが
神社やお寺の御朱印をもらえる場所で手に入れる方法が一番オーソドックス。
 

gosyuintyou-01

 

もちろん普通のノートでも大丈夫ですが神社やお寺で
それぞれデザインが違うので御朱印帳を集めるのも楽しそうです。

パワースポット巡りなどの人気で女性参拝客が増えたこともあり
女性向けの可愛いデザインの御朱印帳が増えましたが
専門店などで購入できる御朱印帳は可愛らしいデザインが豊富。
 

holly-hock-01

(引用元:御朱印帳専門店HollyHock

 

 

holly-hock-02

(引用元:御朱印帳専門店HollyHock

 
参拝者も多く御朱印の依頼も多くあるような神社やお寺では
どれが誰の御朱印帳かわからなくなる可能性もあります。

紛失などのトラブルを避けるためにも御朱印帳に名前を記載しておきましょう。

 
 
 

御朱印の貰い方

本来の御朱印は、あくまでも参拝の証ということを忘れないでください。
 
そこで
神社やお寺を訪れたら先ずは神仏に敬意を払い
神聖な気持ちで参拝してから御朱印所に向かいましょう。
 

gosyuinjyo

 
御朱印は、神社やお寺の売店に御朱印帳を持っていって
「御朱印お願いします」
「御朱印お願いできますか?」と言うだけです。
 
人気の神社仏閣では「御朱印所」を設けているところもありますが
小さな所では社務所に声をかける必要があるところもあるので
初めての時は、御朱印所が分かりやすいところから挑戦すると良いかも。
 
御朱印自体は300円が相場ですが、500円と指定している所もあれば
金額の明示されていないところもありますので確認しましょう。
 
また、釣銭が必要とならない様に予め小銭を用意しておくのがエチケット。
 

 
以上が「御朱印デビュー」のための基本的なことになりますが
御朱印をもらうにあたってマナーやルールがあります。

 
 
 

マナーやルール

必ずお参りをする
最低限お参りはしましょう。
御朱印はスタンプラリーではありません。
 
多忙時は避ける
明らかに法事中や、結婚式の最中、お昼時は避けましょう。
 
静かに待つ
書く方の気が散らないよう、声をかけたり、のぞいたりしないようにしましょう。
携帯電話やスマートフォンでの会話やメールなども同様に控えましょう。
 
浄土真宗のお寺ではいただけません
ごくまれな例外を除き
通常は浄土真宗のお寺では偶像崇拝を禁止しているので御朱印はいただけません。
 
 
他にも
 
「御朱印代は結構です」といわれた場合でも
「お賽銭しておきますね」など一声かけてお賽銭をすると良いと思います。
 
また
感謝の気持ちを忘れずにお礼を述べて帰ること
当たり前ですが大切なことなので忘れないように。

御朱印自体もともとは
お寺の本尊や神社の神様の分身とされ、とてもありがたいもの
 

gosyuintyou-01

(引用元:広隆寺パンフレット)

 
コレクション気分で集めるのは良いですが
決して粗雑に扱わず仏壇や神棚、清浄な場所に保管するのが望ましいです。
 
 
 
以上が御朱印女子デビューの基本とマナーになります。
 
 
どうでしたか?
 
御朱印集めに興味があるなら参考にしてみてください。
 
 
京都にはたくさんの寺社仏閣がありますから

次に京都に訪れた際は
ぜひ京都で御朱印デビューしてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
 
 

注目のスポット