朝粥だけじゃ京都通は語れない!突撃、京都の朝ごはん

 
日本でも有数の観光都市、京都。
 
寺社仏閣など観光スポットも数多く
お目当てのスポットを巡り楽しく過ごせるでしょう。
 
そんな京都旅行をさらに楽しくするために
食事は欠かすことができない要素の一つです。
 
でも残念なことに
ランチやディナーに気合を入れるのに
「朝ごはん」は手を抜きがち。
 
きっと
宿泊先でも朝食を提供しているので
それで満足しているんじゃありませんか?
 
せっかくの京都なんですから
もっと「朝ごはん」にもこだわるべきです。
 
こんなことを言うと
「京都なら朝粥でしょ」
「朝粥が有名なこと知ってる」
「前に来たときに食べた」という、あなた。
 

asagayu-01

 
確かに京都の朝粥は有名です。
 
さらに
お粥は水分を多く含み消化が良いため
エネルギーに変わりやすく血行を良くしてくれ
美容と健康にも効果があるので朝ごはんに最適なんだとか。
 
 
しかし
「京都で朝粥」だけでは京都通は語れません。
 
 
ということで

京都で定番の朝粥の他に
チョット珍しい「京都の朝ごはん」紹介します。
 
 
まずは定番の「朝粥」から

 
 

瓢亭 本店(ひょうてい)

朝粥といえば瓢亭と言われるほど朝粥が絶賛されてますが
ミシュランで三ツ星を獲得している京都の老舗料亭。
 

hyoutei-01

(引用元:瓢亭HP)

 
瓢亭の「朝粥」は、その昔
祇園界隈で夜遊びしていた京の旦那衆が
朝帰りに芸者さんと連れだって寝ている主人を起こし
「なにか食べさせて」と言われ粥を作って出したのが始まりだそうです。
 

hyoutei-02

(引用元:瓢亭HP)

 

 
<詳細>
住所: 京都市左京区南禅寺草川町35
電話: 075-771-4116
営業時間: 朝食 8:00~10:00(7月1日~8月31日) 11:00~14:00(12月1日~3月15日)
※懐石料理 11:00~19:30
定休日: 第2・第4火曜日

 
 
次は
京都でも珍しい変わり種の「おかゆ」。

 
 

韓日茶苑 楽zen(かんにちさえん らくぜん)

北野天満宮の近くにある
韓国の伝統茶と薬膳料理が味わえる京都でも珍しい店。
 

raku-zen-01

 
韓国の薬膳粥をはじめ全て無添加で丁寧に作られています。
 

raku-zen-02

 

 

raku-zen-03

 
美容と健康を意識した韓国料理&韓国伝統茶が特徴で
お粥の他に、ビビンバや冷麺などメニューも豊富。
 

raku-zen-04

 

 
<詳細>
住所: 京都市上京区今小路通御前西入ル紙屋川町838-6
電話: 075-465-7530
営業時間: 10:00~20:00(L.O)
定休日: 火曜日 
※火曜日が祝日もしくは25日(天神さん)の場合は翌日が休み

ここからは
「朝から?」と驚くような朝ごはんを紹介。

 
 

京料理 入舟 (いりふね)

京都ホテルオークラにある京料理の店。
 

irifune-01

 
情緒あふれる日本庭園を眺めながら本格的な京料理を堪能できます。
 

irifune-02

(引用元:京料理 入舟HP)

 
季節の素材を使用した「和朝食」も京都らしさを感じ絶品。

しかし
ここでオススメするのが
「すっぽん小鍋のこだわり朝食」。
 

irifune-03

(引用元:京料理 入舟HP)

 
 
こちらが「すっぽん小鍋」
 

irifune-04

(引用元:京料理 入舟HP)

 
朝から贅沢な朝食で
まさに「優雅な時間を過ごす至高の朝食」でしょう。

 
<詳細>
住所: 京都市中京区河原町二条南入ル一之船入町53 京都ホテルオークラ6F
電話: 075-254-2534
営業時間: 朝食 7:00~10:00、昼食 11:30~14:30、夕食 17:30~21:00
定休日: なし

 
 
 
 

京都まるうめ (きょうとまるうめ)

高島屋京都店の7階にあるカフェ。
 

maruume-01

(引用元:京都まるうめHP)

 
東京に姉妹店の町家風BAR「柳小路まるうめ」があるそうで
「京都まるうめ」は、それほど京都を強く押し出していない感じ。

ここでオススメするのが「朝シャンセット」。
 

maruume-02

(引用元:京都まるうめHP)

 
朝から「シャンプー」ではなく
朝から「シャンパン」の「朝シャン」です。

朝ごはんにシャンパンは
優雅な大人の朝ごはんなんでしょうか。
 

maruume-03

(引用元:京都まるうめHP)

 
 
パスタやサンドウィッチの他にも
 

maruume-04

(引用元:京都まるうめHP)

 
パティシエが手作りする数量限定のスイーツが楽しめます。

 
<詳細>
住所: 京都市下京区四条通河原町西入真町52 高島屋京都店7F
電話: 075-252-7611
営業時間: 10:00~21:30(L.O 21:00)
定休日: 高島屋京都店の休業日に準ずる

 
 
 
以上
定番ともいえる京都の朝粥と
チョット珍しい「京都の朝ごはん」
 
いかがだったでしょうか。
 
朝から「シャンパン」や「すっぽん」は
優雅というか贅沢というか変わった朝ごはんでしょう。
 
ただ
京都旅行のネタには、これ以上ないくらいの朝ごはん。
 
ちなみに
京都の一般的な「朝ごはん」じゃありませんから
誤解しないでください。
 
 
宿泊先での朝食ビュッフェも非常に美味しいですが
京都に何度か訪れているなら飽きてしまうこともあるでしょう。
 
まだまだオススメできる「朝ごはん」は
モーニングを含めたくさんあります。
 
ぜひ京都通を自負するなら
自分好みの「お気に入りの朝ごはん」探してみませんか。
 
 
 
 
 

注目のスポット